【これだけあれば始められる】レザークラフトスターターセット5選

レザークラフトに興味があるけどどんな道具が必要なんだろうか?
ネットでみているとお洒落な作品ばかりでセンスがないとできないのかな・・

と諦めていませんか?

この記事ではこれから始めたい方を対象に、レザークラフトの歴史や楽しさを解説します。

そして手軽に始めることができる、レザークラフトキットも解説します。

レザークラフトを始めるのにセンスは必要ないです!

目次

レザークラフトの概略を知ろう

レザークラフトは皮革を用いた工芸で、一略してレザクラとも言われます。

レザークラフトの歴史は定かではないですが、皮革の歴史と同じではないかといわれています。

ヨーロッパでは肉を食べる際に採った皮を、コートや帽子または靴などに利用していた様です。

現在のレザークラフトは趣味で楽しむ人も多いです。

Amazonや楽天ではレザークラフトキットが販売されていますが、
キットという形で販売しているのは、手軽に始めたい人が多いからでしょう。

レザークラフトをはじめる楽しさと魅力

レザークラフトの楽しさは、ズバリ作る楽しさと使う楽しさの両方を味わうことができることです。

物作りに携わる人は楽しいから続けていると言いますが、物作りは本当に楽しいです。

最初は不細工な作品しか制作できないかもしれません。しかし不細工な作品でも、使ううちに愛着がわいてきます。

Tシャツに自分が描いた絵をプリントし外出している人はいますが、レザークラフトの楽しさはそれとまったく同じです。

世界に一つだけのものを制作すれば、使うのが楽しくなりますよ。

レザークラフト初心者の素朴な疑問

レザークラフトに関する素朴な疑問を集めました。

1 、特別な工具は必要なの?

はい。

最低限必要な工具を整理しました。

  • クラフト用のカッター(慣れてきたら皮包丁)
  • カッターマット
  • ステッチンググルーバー
  • トンカチ
  • ゴム板
  • ロウ引き糸
  • 手縫い針
  • 糸切りハサミ

他にも揃えた方がいい工具はありますが、取りあえずは上記の工具を揃えたらスタートできます。

別の工具が必要になったら、その都度購入すればいいと思います。

手っ取り早くスタートしたい人は、レザークラフトキットを購入しましょう。

2、 不器用な人でもできるの?

YouTubeでレザークラフトの制作動画を観たら解ると思いますが、

皮を切るときと裁縫するときは手先の器用さが必要です。

ただ手先の器用さは、訓練である程度は鍛えることができます。

プロのレザークラフト作家は手先を自由にコントロールできる
繊細な器用さが必要ですが、楽しむだけであれば、必要最低限の器用さがあれば十分です。

効果的な練習方法を紹介します。

  • カッティング技術を身に付けたい人は、型を厚紙に貼り、切り取る練習がオススメ。
  • 裁縫技術を身に付けたい人は、実際に裁縫用具を購入し、作品を作ってみましょう。
  • 最初は薄い革で作品を作ることをおすすめします。慣れてきたら厚め革でチャレンジしましょう。

レザークラフトの皮は厚いので、厚い物を切る感覚を覚えることは大切です。
練習を繰り返すうちに、力の入れ加減が解ってきます。

裁縫用具と布は100均でも購入できます。

3、レザークラフトはどうやって学べばいい?

予算に余裕がある人は、教室に通うのも良いと思います。
教室によっては無料で工具が使えます。高価な工具や、便利な工具もあるかもしれません。

教室内に気に入った工具があれば、卒業後に購入してください。

教室で学ぶメリットは他にもあります。

不明点があれば何回でも聞くことができます。

初心者の間はカッターをあてる角度も気になるものですが、教室で学べば懇切丁寧に教えてくれます。
先生が実演してくれたら、細かい手の動きも学ぶことができます。

教室で学ぶメリットには、仲間ができやすいこともあります。
仲間ができたら作品を見せ合う楽しみができるので、ますますレザークラフトが楽しくなるでしょう。

独学で学ぶ場合は、最初に教則動画や本から型紙を入手しましょう。
最初からベテランのように上手く制作するのは無理なので、初心者の間は簡単な作品を目標にしてください。

始めの間は湾曲状の作品よりも、正方形または長方形の作品の方がいいでしょう。
切りながら革を切る感覚を覚えられます。

下記に作りやすい作品をまとめてありますので、こちらも参考にしてみてください。

レザークラフトで作品を作るときには型紙(作品を作るときの部品形状がかかれたもの)が必要になります。
無料で入手することもできますし、本についているものを使うこともできます。

実物大の型紙がついてないと拡大などして使わないといけませんので、
はじめは実物大の大きさの型紙がついている本を購入すると余計な作業なしで作れます

はじめての方にオススメしたいレザークラフトスターターキット5選

革手縫い工具18点セット<プレミアム>

こちらは初心者だけではなく、中級者も満足できる内容です。

皮は厚くて針が通しにくいので、菱目打ちで縫い穴を開けると糸を通すのは簡単です。

キットには「2本菱目打ち 4mm巾」と「4本菱目打ち 4mm巾」が収納されているので、
不足を感じることはないでしょう

一般的には直線部は4本菱目打ちが便利で、曲線部は2本菱目打ちが便利です。

キットで制作できるものには、小銭入れ、お札入れ、写真入れなどがありますが、
初めての方は制作が簡単な、お札入れに挑戦したらいいでしょう。慣れてきたら、
写真入れやミニポーチに挑戦してください。

レザークラフト工具 スターターセット 12種の工具

キットの内容を見ると割高な印象を受けるかもしれませんが、レビューにもあるように品質は確かです。質の悪い工具はイメージ通りに扱うことができませんが、質の良い工具はイメージ通りに使用できるので快適です。

ガイドブック付きなので、始めてレザークラフトに挑戦する人には重宝すると思います。。

仕立て用目打ちSが収納されていますが、仕立て用目打ちSは穴を開けるときに使います。

レザークラフト作品にビーズを付けるとより高級感が出ます。
ビーズを付ける場所に仕立て用目打ちSでしっかり穴を開けましょう。

ビーズが映えるレザークラフト作品はいろいろありますが、ミニポーチの制作が面白いと思います。

初心者の間はシンプルなミニポーチしか制作できないと思いますが、ポーチの一部にビーズを付けるだけで、高級感のあるミニポーチに様変わりします。

レザークラフト 工具セット18点コンプリートキット+書籍+ヌメ革タンローA4サイズ

こちらはセット商品です。

手縫いでつくるカードケースの制作工程のマニュアルは、初心者にとっては便利です。
極限まで制作工程を分解して説明しているので、初心者でも迷うことは少ないと思います。

菱錐が収納されているのも便利です。

菱錐は目打ちで開けた穴が貫通していないときに使いますが、菱錐を突き刺すだけでしっかり貫通するようになります。

丸錐・菱錐カバーミニキットはプレゼント商品ですが、初心者は湾曲状にカットするのが難しいので助かるでしょう。最初はこのようなキットを使って、湾曲状にカットする作品に慣れましょう。

慣れてきたら、キットを使わないで挑戦してください。

レザークラフト 工具セット 初心者 キット

低価格帯のキットですが、バッグなども制作できます。

要最低限の工具しか収納していませんが、痒いところに手が届く内容です。

菱目打ち(4本セット)や0.8mmロウ引き糸(10色)は、本当に便利だと思います。
作品によっては穴の開け方を工夫しなければいけませんが、

4種類の菱目打ちがあれば、必ずフィットするものがあります。

ロウ引き糸はレザークラフトでは絶対に必要ですが、色が選べた方が楽しいです。

こちらのキットは10色から選べます。

色を工夫すれば、見栄えの良い作品になるでしょう。
場合によっては異なる色のロウ引き糸を使い、ステッチングなどするとお洒落ですね。

目の肥えた人であれば、ロウ引き糸の色にも注目してくれると思います。

「YIGIZA」簡易説明書付き 工具セット

こちらのキットは穴を開ける工具が充実しています。菱目打ちは4種類あり、さまざまな穴を開けることができます。

通常は菱目打ちだけで十分ですが、キットには穴あけポンチもあります。穴あけポンチも皮に穴を開ける工具ですが、木槌で叩くだけなので使い方は簡単です。

穴開けポンチは、バネホックボタン、ジャンパーボタンなどの穴を開けるときに便利です。

キットには金属定規もありますが、金属定規は皮職人もおすすめしている定規です。金属定規は強度が強く耐久性に優れていますが、強度が強いので少しぐらいカッターが当たっても破損しません。

カービング刻印棒は面白い工具です。20種類の図柄があるので、その日の気分によって、あれこれ選ぶことができます。オリジナルなレザークラフト作品を制作することができたら楽しいですが、カービング刻印棒を使えば具現化しやすいです。

上手になったらインターネットで販売してみましょう

完成度の高いレザークラフト作品が制作できるようになったら、インターネットで販売にチャレンジしてみましょう。

インターネット上にはminneなどの、ハンドメイド専門のネットモールがあります。

最初はなかなか買ってくれないと思いますが、出品することでレベルアップするのは確かです。

また出品することで、モチベーションがアップします。

販売するのが恥ずかしい人は、SNSに写真をアップロードしたり友人や家族にプレゼントできると良いですね。

まとめ

レザークラフトの解説をしましたが、

レザークラフトの魅力は実際に手を動かして作品が完成した時だと私は思います。

高齢になってからレザークラフトを始める人もいますが、

レザークラフトが縁で交流の機会が増えたという話はよく聞きます。

レザークラフトは体力も必要ないし、飛び抜けたセンスも必要ありません。
大切なことは、制作を楽しむことだと思います。楽しみながら制作したら、それだけで人生は豊かになりますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次