レザークラフトのハンマーの種類とオススメ!

レザークラフト
スポンサーリンク

レザークラフトのハンマーにはいろんな種類があるなぁ

何がいいんだろう?

レザークラフトをするにあたって、木製やゴムなどいろんな種類のハンマーがありますよね。

結局どれがいいのか迷ってしまいます。

そこでこの記事では各ハンマーの特徴と、オススメについて説明します。

この記事を見ればハンマーについて解決できると思います!

ハンマーの結論

菱目打ちや金具には木づち

カービングにはモウル

これらがオススメです。

その理由について下記で説明していきます。

ハンマーの種類

レザークラフトのハンマーにはいくつか種類があります。

  • 木づち
  • 金づち
  • ゴムハンマー
  • モウル

それぞれ違った特徴があります!

木づち

木づちはその名の通り木製のハンマーです。

ある程度しっかりした重さがあるため、軽い力で打つことができます。

木が衝撃を吸収してくれるため、均一な力で打つことができます。

金づち

金づちは金属製のハンマーです。

金属製の菱目うちを打つ場合にはあまり使われません。

一方で靴を作成する場合の釘入れなどに使われます。

強度がしっかりしているので軽い力で打つことができ、

しっかりと衝撃を伝えることができます。

ゴムハンマー

ゴムハンマーは安価のため使用している方も多いです。

100円ショップでも手に入ります。

一方で軽いため、力を込めて打つ必要があります。

また、ゴムの反発と衝撃吸収が多いため少し打ちづらいです。

モウル

モウルはレザークラフトおなじみのハンマーですね。

主にカービングのスタンプで使用されます。

ナイロンでできているのが特徴です。

曲線が多いハンマーのため、繊細な打ち方ができます。

菱目うちで強く打つというより、スタンプで叩く力を調整しながら打つことにむいています。

オススメハンマー

それでは各シーンでのオススメハンマーについて紹介します。

菱目打ちを打つ場合とカービングスタンプを打つ場合で分けています。

菱目打ちを打つとき

菱目打ちをうつときは木づちがオススメです。

理由はその扱いやすさです。

均一な力で打つことができます。

特にクラフト社製のハンマーは先端の重さも十分確保されていて、レザークラフトの効率が上がります。

Amazon.co.jp: クラフト社 革工具 木槌 タイコ 8572: ホビー
Amazon.co.jp: クラフト社 革工具 木槌 タイコ 8572: ホビー

このハンマーは非常に扱いやすく、寿命・耐久性も高いので1本持っていて損はないです。

100円ショップの木製ハンマーはNG

個人的な意見ですが100円ショップの木製ハンマーはオススメしません

木製ハンマーは先端の重さが重要です。

100円ショップのハンマーは軽すぎるため、叩きにくいです。

カービングで使う

カービングで使うのはモウルがオススメです。

やはり繊細な力で打つことができるのはメリットが大きいです。

Amazon.co.jp: レザークラフト 革 刻印 セット カービング用 刻印棒 6本 ハンマー ドットペン 革 刻印セット 革細工 レザークラフト 工具 道具 セット 初心者: ホビー
Amazon.co.jp: レザークラフト 革 刻印 セット カービング用 刻印棒 6本 ハンマー ドットペン 革 刻印セット 革細工 レザークラフト 工具 道具 セット 初心者: ホビー

こういったスタンプとセットになっているものも販売されています。

カービングをしてみたい人にはオススメです。

まとめ

● 菱目打ちには木づち
● カービングにはモウル

いかがでしたでしょうか。

個人的にハンマーはクラフト社などのちゃんとしたメーカー品がオススメです。

強度や重量もしっかりしているためレザークラフトの効率が上がります。

Goro

コメント

タイトルとURLをコピーしました