副業としてレザークラフトで稼ぐポイント

レザクラ情報
スポンサーリンク

レザークラフトは副業にできるのだろうか?」
「販売とかしてみたいけど実際のところどうなのだろう」
「販売を始めることにしたけど何を気をつければいいの?」

副業ブームとなっている今、ハンドメイド副業にも注目が集まっています。

ではハンドメイドの一種でもあるレザークラフトはどうなのでしょうか?

レザークラフト が副業になり得るのかについて解説します。

レザークラフトで副業はできる?

A.できます。

レザークラフトを副業とし、中には 10万円/月 以上稼ぐ人もいます。

実際私も副業をしており、レザークラフト販売でも収益があります。

その代わり簡単ではありません。

数あるハンドメイド手法の中でも難易度は少し高めになります。

また、レザークラフトを本業としている方はいわゆる革職人です。

副業で行う素人とは経験・技量に差があります。

一方でレザーアイテムは一定の人気があります!

難易度が高いため供給者は少ないですが、需要は高いのです。

ハンドメイド人口は年々増えていますが、レザークラフトはライバルが少なめです。

興味があれば一度やってみる! をオススメします。

ハンドメイドの楽しみ、レザークラフトの楽しみを知ってください。

副業レザークラフトの基本情報

レザークラフトを副業とした場合の次のポイントについて説明します。

● 副業開始の初期費用はどの程度か?
● 具体的なモデルケース・日程感のイメージ

どちらも副業を視野に入れる場合重要な情報になります。

初期費用はどの程度必要?

ざっくり¥50,000円以下 で開始できます。

工具類や材料を工夫することでもう少し安く開始することも可能です。

内訳はざっくり以下になります。

  • レザー代:A4サイズ¥5,000円 ~ 半裁サイズ¥20,000円
  • 工具代:セット購入¥5,000円 ~ ¥10,000円

必要なものについては次の記事でも記載しています

ネット副業やその他のハンドメイドと比較すると、

道具を一から揃える必要があるので少し費用がかかる印象ですね。

具体的なモデルケース

副業としてレザークラフトを行う場合、時間がどの程度かかるか

簡単なモデルケースを紹介します。

あくまでもネット販売を行うことを前提として考えています。

休日

休日は当てれる時間を製作に当てるのがベストです。

もちろん休息も大事なので、自分のライフスタイルとバランスをとって製作を行います

平日

平日はやはり本業が忙しいと思います。

忙しい方はもっと帰りが遅いのではないでしょうか?

レザークラフトはそれなりに時間がかかってしまう副業です。

休日はしっかり製作を行う

平日は出品作業とちょっとした製作

このように割り切って時間配分をすることである程度回すことができます。

稼ぐためのポイント5選

ここまで見て、やってみようかな・・・

と考えている方に、実際に稼ぐためのポイントをお伝えします。

これらはレザークラフトでなくても、ハンドメイド副業全般に言える内容です。

まずはネット販売で始める

ハンドメイドの販売には大きく分けて以下の方法があります。

  • ネット販売
  • フリーマーケット販売
  • 受注販売

これらの方法でまずできるのはネット販売です。

特に最近はminneを筆頭としたフリマアプリが優秀です。

どの販売サイトが良いかは以下にまとめています。

出品は無料でできます。

まずはやってみるのが大切です。

クオリティを上げる

レザークラフトを開始したからといって、

すぐに販売できるわけではありません。

やはり物を売るので、一定のクオリティが必要になります。

簡単に作れるものを作り、コツコツ腕を上げながら販売していきましょう。

そうすると徐々に作品のクオリティが向上します。

今クオリティに悩んでいる方がいたら以下記事がおすすめです。

メイン写真の撮り方を工夫する

いわゆる物撮りです。

どんなに作品が良くても、販売時の写真が汚いとなかなか売れません。

逆に、写真が綺麗なだけで売れる場合もあります。

物撮りといっても様々な手法があります。

例えば次のように背景が白バックの写真

Amazonの販売サイトも実は全て白抜きになっています。

こうすることで高級感が出ますよね。

他にも大理石・本・植物などと一緒に置いてとる方法もあります。

ただただ机の上に置いて撮るだけでなく、

販売をする際の商品写真は少し凝ったものにしてみるのがポイントです。

以下サイトが参考になります。

売れる作品に共通する綺麗な写真を撮るためのコツ | une rose(ユヌローズ)恋するアクセサリー
ハンドメイド作家のCHINTAKO(ちんたこ)です⭐️😊❤️ 4年前からアクセサリーを作ってハンドメイドアプリのminne(ミンネ)で販売しています⭐︎ これまでにminneで約1500件の注文をいただき発送してきました。😆 こんな感じの上品で可愛いアクセサリーを作っています。😊❤️ INDEX1 みんな困ってる写真の...

また、こういった物撮り用のアイテムを持っておくと楽になります。

SNSを活用する

すでにSNSのアカウントを持っている方が多いと思います。

やっていない方もSNSの重要性はなんとなく理解しているのではないでしょうか。

実際SNSは無料でできてたくさんの人に見てもらうことができます。

まだ始めていない人はとりあえずTwitterを始めてみることがおすすめです。

すでに始めている方はレザークラフト販売専用のアカウントを運営しましょう。

作品ジャンルを絞る

販売するジャンルはある程度絞ることがおすすめです。

例えば、しばらくは 小銭入れに絞って販売する といったイメージです。

理由は3つあります。

  • 作り続けることで作品のクオリティが上がる
  • 客層の求めていることが分かってくる
  • お客さんに「この作品が得意な人」とイメージしてもらえる

ずっと小銭入れに絞って製作・販売をしていると、

お客さんからの要望やレビューを聞くことができます。

そのレビューをまた製作に活かし、改良していくことでどんどん作品が良くなっていきます。

はじめた後の注意点

実際に始めてみたはいいものの、

イメージしていた通りにはなかなか廻らないと思います。

そこで、始める前に苦労するかもしれない点についてお伝えします。

売れるまでに時間がかかる

基本的にどの副業でも言えることですが、

始めてすぐに収益にはなりづらいです。

製作にも意外と時間がかかり、販売ページには足跡がつかない・・・など。

でもそれが普通です。

まずは種を蒔いて、いずれ売上になるようコツコツ成長していきましょう。

失敗作・質の悪いアイテムは売らない

レザークラフトで製作を行っていく上で失敗は付き物です。

いくつか製作していると、 使えるけど傷がついた などの失敗作ができてしまいます。

それらを売ることは絶対にやめてください。

目先の収入にはなるかもしれませんが、

最悪信用を失い、せっかく始めた副業がつまづいてしまうこともあります。

値引きをしすぎない

最初は値段を安く出してもOKとは思いますが、

必要以上の値引きはしないほうが良いです。

利益が出ないとせっかく始めた副業も意味がありません。

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

● レザークラフトを副業にすることは可能
● まずはネット販売で始めてみる
● すぐに芽は出ないことを前提としてコツコツやっていく

副業の1手法としてレザークラフトに興味を持ったのならひとまず始めてみることが大事です。

とにかく初めて何か作って売ってみる

気になったら是非やってみてください。

Goro

コメント

  1. […] 副業としてレザークラフトで稼ぐポイント「レザークラフトは副業にできるのだろうか?」「販売とかしてみたいけど実際のところどうなのだろう」「販売を始めることにしたけど何を […]

タイトルとURLをコピーしました