はじめてでも簡単!革靴が【長持する】お手入れ方法と5つのタイミング

せっかく1足目の革靴を買っても手入れの方法が分からず、しわが入ったり、カビてしまい靴が臭くなったりしてダメにしてしまってからでは遅いですよね?

革靴は少し気を付けてケアしてあげることで何年も履き続けることができ、その過程で革の経年変化や靴についた表情が変わり、沢山の戦歴をあなたと重ねて思い出の1足になっていきます。

この記事では誰でも革靴をお手入れできる方法を5つのシーン別にご紹介していきます。

目次

なぜ革靴にはお手入れが必要か?

革靴を購入したものの「手入れの仕方が分からない」、「お手入れをする道具をもっていない」ためケアをしないで履き続けてしまっていませんか?

ビジネスシューズに使用されている革は植物タンニンやクロムなどの溶剤でなめしてから、加工、着色をして作られています。

革製品となってからも、適度な水分や油分を保っていますが、時間の経過や使用により乾燥が進み劣化が始まります。ケアはこの劣化から革製品をよみがえらせる工程です。

ロマンある言い方をしますと、経年変化で表情が変わっていく革靴を愉しむ長い時間をかけて相棒として育てていく過程だと思うと、日ごろの手入れも楽しいひと時として行えるのではないでしょうか?

「シューケア」と「ワックス」

革靴の手入れには革をより良い状態に保つまでのシューケア

靴の外観を良く見せるワックスの2つの工程があります。

シューケアはブラッシング、クリーナによるほこりや、汚れの除去から

クリームによる革の維持までの事をさします。

革靴のワックスとは主につま先(トゥ)の部分を輝かせる工程の事をさします。

革靴のお手入れに必要な5つの基本道具

1、ブラシ

毛足の密度には大まかに2種類あり、密度の低い硬めの豚毛や化学繊維はケアクリームを塗る際の余分なクリーム落としなどの使用に向いており密度の高い柔らかい馬毛などはほこりやゴミを落とすように向いています。

ゴミを落としたブラシで、クリームなどを落とすと、折角きれいにした靴に再度ほこりがついてしまいますので最低でも2つはブラシを持っておくと良いと思います。

豚毛ブラシ
化学繊維ブラシ
馬毛ブラシ

2、クロス(ウェス)、クリーム用ブラシ

クロスはクリーナーで汚れを落とす作業とクリームをぬる作業の時に使用します。

小型ブラシはクリームをぬるときに使用します。

使い方は同じですがクロスでは綺麗に塗れない縫い目や飾りの部分に使用できますのであると便利です。

個人的には小型ブラシは丸型が使いやすいですが、お好みでどうぞ。

クロスはいらなくなったTシャツなどを切ってはぎれにして代用することもできます。

カビを拭いた際には見た目がきれいでも菌が残っていますので使いまわしをしないようにしましょう。

クロス
クリーム用ブラシ 丸型

3、シューキーパー(シューツリー)

手入れする時や保管する時に使用します。1足につき1セットあると良いです。

シューキーパー(シューツリー)は靴の形を維持したり、湿気を吸ってくれる効果も期待したいので

無垢の木素材がオススメですが、プラスチック製の物でも問題ありません。

履いた後の靴は汗が乾くタイミングが一番しわが入りやすです。

まずは、お財布と相談して決めてください。

サイズがありますので、ご自分の靴に適したサイズを選びましょう。

小さすぎると入れている意味がないですし、大きすぎると革が伸びすぎてしまいますので程よく

張っているいるサイズがベストです。

シューキーパー

4、クロス

ワックスを磨き上げるためのクロスです。1枚持っていれば大丈夫です。

私は100均のタオルや着なくなった服の切れ端なども使用しています。

ただ、この手を入れるタイプは使ってみると意外と便利で使い易いです。

5、靴ベラ

こちらはケア用品ではないですが、革靴を履くときは必ず靴ベラを使用しましょう。

指を使い無理やり履いているとかかとの革に負担がかかり、型崩れを起こしやすくなってしまうことと、革が傷んでしまうため靴を置いた時の見た目が悪くなってしまいます。

個人差はありますが、靴ベラはある程度長さがあり、少し膝を曲げる程度で靴が履けるものが使い易いと思います。

いつでも使えるように玄関においておけるようなデザインのものが良いですね。

適切な保管環境

革靴の保管環境は靴を乾燥させること、防カビの概念から湿度のコントロールがとても重要になってきます。オープンラックをお持ちの方は良いのですが、多くの方の靴棚は基本的に扉が閉まるタイプが多いため、扉をしめ切ってしまうと靴棚の中はカビの繁殖に適した環境となります。

閉め切った靴棚の中は他の靴の湿気もあるため除湿剤などを設置して湿気対策を行いましょう。併せて除菌効果のあるものを入れておけばよりカビの発生を押させることが可能です。

適切な保管環境はすべてのベースとなりますので靴のメンテナンスだけにとらわれないよう長く使うためには保管場所にも気を付けましょう。

湿気対策、除湿
防カビ対策

独特の臭いが少しありますが効果は抜群です。カビを不活性化できます。

3足を目標に揃えよう!

1日履いた靴には湿気がたまります。靴の湿気を取るのに2日は乾燥した場所で休ませましょう。

1足を履き続けると湿気が取れずにかびやすくなったり、革へのダメージも蓄積しやすくなってしまうので、革靴を毎日履く方は最低でも2足を交互に履き替えて使用しましょう。

まずは、3足を揃えると革靴へのダメージをぐっと抑えることができるようになります。

もちろん革靴好きなら何足持っていても困らないですね!

革靴のお手入れ 5つのタイミング

革靴を購入した直後にするお手入れ

革靴を購入した直後の手入れはより長持ちをさせることができる簡単で効果的なケアです。

店頭で保管されている間に抜けてしまった油分をクリームで補い、革底の場合はソールコンディショナーでケアしましょう。ワックスでつま先の輝きをお好みでアップしてみましょう。また、急な雨の日の対策としてソールケアや撥水スプレーも施しておくと安心ですね。

下記は新品の革靴の手入れ方法をまとめた記事です。

革靴の購入を検討されている方、新品の革靴を購入された方はまずコチラをお読みください。

革靴を履いた後のお手入れ

日常的な手入れは、履いた後の湿気を取るためにシュートリーを使用して保管したり、カビを防ぐためのほこり取り、風通しの良い場所に保管するなどの簡単な手入れです。

次に履くまでは最低でも1日、理想は2晩以上は靴を休ませて風通しの良いところで乾燥させてあげてください。

履いた後のケアに関しては下記のページに3分でできる具体的な方法を記載してあります。

出張時、お出かけ先でのお手入れ

お出かけや出張の場合、基本的に道具を持っていくことはないと思いますので、ビジネスホテルなどにおいてあるにケア用品で簡易的に対処することになります。

その際のポイントと、便利なグッズを下記の記事にまとめる予定です。しばらくお待ちください。

月に1度の本格的な革靴のお手入れ

月に1度程度は本格的なお手入れをしましょう。履いていなくても靴の油分は抜けてしまいますし、

ほこりや湿気にりカビが生えてしまっていないかを確認する意味でも相棒の、定期的な手入れを

してあげてください。特に靴が新しいうちは1週間に一度などこまめに手入れをしながら

履きならしていきましょう。ある程度履き慣れてきたら10回程度に1回程度の本格的な

お手入れをするという間隔が良いですね。

下記の記事に、本格的な手入れの手順を記載しておりますので

慣れるまではコチラの記事を参考にしてみてください。

革靴を長期保管前のお手入れ

1ヶ月以上保管をする場合は保管の前にお手入れをしてから保管をしましょう。
ほこりや湿気が残っているとカビの発生につながります。

カビは一度発生すると根が残り厄介ですし、嫌な臭いがします。

しっかりと長期保管の前の手入れをすればそんな、トラブルも事前に防ぐ事ができますので

大切な革靴がトラブルに見舞われることを避けるために少しだけ労力と使ってあげてください。

保管をする際の手順を下記の記事に記載しておりますので、長期保管をする前にはぜひ、お読みください。

革靴の補修【ひび割れ、キズ、カビ、水濡れ】

革靴のお手入れは基本的には購入直後、日常的なお手入れ、本格的なお手入れ、長期保管の時のお手入れで良いのですが、使用するにつれてアクシデントで革にキズがついてしまったり、コバの部分の色が落ちてきたり、カビてしまったり、水濡れをしてしまうことがあります。

しばらく革靴を使用した時のメンテナンス方法を下記のページにまとめて記載しておりますので、お困りの際はご覧ください。

まとめ

  • まずは基本道具の5個を揃えよう
  • 新品の靴のケアは簡単で効果的
  • 同じ靴を毎日履くのは可能な限り避けよう

革靴はスニーカーなどよりもメンテナンスが必要ですので手間がかかりますね。

しかし、定期的にケアをしてあげればスニーカーよりはるかに長く履き続けることができます。

靴の手入れ状況によって仕事ができる(きちんとした人かそうでないか)を見られることもありますし、履き慣れてきた靴には愛着も湧いてきますので、できるだけ長く同じ靴が履けるようにメンテナンスをしてあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次