レザークラフト実績のあるブランド・メーカーまとめ

初心者向け

レザークラフトの道具をネットで買おうとしたらいっぱい出てきた。

どのメーカーを買えば失敗しないんだろう

いざネットで道具を購入しようと思った時、
大量のメーカーの道具が出てきて混乱しますよね?

この記事ではたくさんある中で”ここを買っておけば失敗しないメーカー”をまとめました。

たくさんあって迷ってしまった方は是非参考にしてみてください。

道具編

レザークラフトで道具を買いたい!と思ってAmazonや楽天を見る。

でも本当に沢山のメーカーの道具がありますよね。

中には怪しいメーカーもあったりします。

とりあえず紹介する以下3メーカーであれば安心です。

クラフト社

クラフト社レザークラフト最大手のメーカーです。

黄色い帯のパッケージ袋でお馴染みです。

クラフト社 革工具 手縫いロウビキ糸 太 黒 8615-03
しっかりとロウ引きされてそのまま使えるポリエステル製手縫い糸です。 ざっくりとステッチを利かせる「太」と、すっきり見せる「細」があります。 内容量:20m 番手:10/6 素材:ポリエステル (Amazon.co.jpより)

非常にたくさんの道具を製造・販売しているレザークラフト専門のメーカーです。

はじめての方はスターターセットにもついていることがあるので見かけたことが

あるのではないでしょうか?

東急ハンズやその他レザークラフトショップにも必ず置いてあります。

絶対に何かしらではお世話になるメーカーです。

誠和(SEIWA)

誠和(SEIWA)レザークラフト大手のメーカーです。

道具では茶色の帯のパッケージ袋でお馴染みです。

SEIWA 誠和 トコノール レザークラフト用 革の床面・コバの仕上剤 120g 無色 SWA31505
レザークラフトの必需品『トコノール』はコバ、トコ面を美しく、なめらかにする仕上剤の定番です。 天然ワックスを配合し、コバ・床面の毛羽立ちを押さえ、美しく丈夫に仕上げます。 その唯一の性能はいつでもだれでも簡単に、どの他社製品よりも長持ちします。 【用途】 ・床面、コバに塗るだけで見違えるような美しい艶。革を保護して汚れ...

トコノールでお馴染みのメーカーです。

クラフト社に比べて染色剤などの取り扱いが多いイメージです。

道具はクラフト社と比べるとすこしだけ安いです。

協進エル

協進エルレザークラフトの有名メーカーです。

主に菱目打ちなどの工具類の種類が豊富です。

協進エル プロ平目打 2本目 3mm巾 1150171-02 50171-02
刃物を作る工具鋼を使用した強度と耐久性に優れたプロ仕様の工具 焼入れ加工を施して抜群の切れ味に 刃部を研磨することにより無理なく革に穴が開けられる 平目打はレースかがり穴や手縫い穴として、また附属金具の穴あけ用にも使用可能 (Amazon.co.jpより)

プロもよく使用しているメーカーです。

ハンドプレス機の販売も行なっています。

協進エル ハンドプレス機 大 奥行130mm 1151025 51025
ワンタッチで手早く簡単に、金具が付けられる 別売りのコマ4週類の打ち具として使用できる 力が入りやすく、大量に使用するときに (Amazon.co.jpより)

ネット上で値段だけを見ると値段が安いものは沢山ありますが、
中国製で質の悪い物もあったりします。

上記3社は少し高く感じるかもしれませんが、
失敗しないという点ではかなり信頼がおけます。

レザー編

レザーについては革を扱っている会社が運営するネットショップをおすすめします。

皮革専門店ではないショップは仕入れコストが高くなっている可能性があるからです。

ネットショップでは以下4ショップが実績もあり信頼できます

半裁サイズのレザーについては専門店からの購入をおすすめします。

過去の記事で紹介しているので興味があればそちらを確認してみてください。

まとめ

● 道具はクラフト社・誠和・協進エルが安心
● レザーは専門店が運営するショップがおすすめ
● 半裁レザーは専門ショップから買う

いかがでしたでしょうか?

基本的に自分が欲しいと思った工具を買って良いと思います。

その中で、どのメーカーがいいんだろう?と悩んだ時に参考になればと思います。

Goro

コメント

タイトルとURLをコピーしました