菱目打ちの種類とおすすめメーカー

レザクラ情報
スポンサーリンク

菱目打ちの種類やおすすめのメーカーについて教えてほしいです!

みなさん菱目打ちはご存知ですよね。

レザークラフトでは絶対に必要な道具です。

私も毎回使用します。

この記事では菱目打ちの種類と、おすすめのメーカーについて紹介します。

この記事を見れば菱目打ちの使い方や種類について理解できます。

菱目打ちとは

菱目打ちとはレザーに縫い穴を開ける道具です。

ハンマーで叩くことでレザーに穴を開けれます。

3mm、4mm、5mmなどの間隔などで道具に違いがあります。

3mm巾などは「3mmはば」と読みます。

菱目打ちの種類

ここでは菱目打ちの種類について紹介します。

平目打ちを含めるといくつかの種類があります。

どの種類もですが、以下のような使い方がオススメです。

参考:https://shop.r10s.jp/leathermart/cabinet/07738441/hakazugaooi.jpg

それでは種類について見ていきましょう。

菱目打ち

一般的な菱目打ちです。6本、5本、4本と色々な種類があります。

基本的に4本、2本、1本と持っていると便利です。

4本で直線、2本・1本で曲線に穴を開けることができます。

穴に差が出ないように同じメーカーのものを揃えるようにしましょう。

ヨーロッパ目打ち

ヨーロッパ目打ちという菱目打ちもあります。

通常の菱目打ちとは形状が異なります。

ヨーロッパ目打ちは菱目打ちと違って長方形の縫い穴が開きます。

線状の小さな穴です。

菱形ではないため、糸を通した時穴が開かないのが特徴です。

見た目もオシャレなステッチなのでアクセントに使えます。

縫い穴の大きさが気になる人は是非試して見てください。

平目打ち

平目うちはかがり縫いを行う際に使います。

平らな縫い穴が開くのが特徴です。

使い方は菱目打ちと同じです。

かがり縫いがやりたい!という人には必須のアイテムになります。

かがり縫いについてはこちらの記事を参照ください。

オススメの菱目打ち

オススメは協進エル製の菱目打ちです。

Amazon.co.jp | 協進エル プロ菱目打 4本目 4mm巾 1150162-04 50162-04 | ホビー 通販
Amazon.co.jp | 協進エル プロ菱目打 4本目 4mm巾 1150162-04 50162-04 | ホビー 通販

協進エルは日本のレザークラフト工具メーカーです。

工具類においては信頼のおけるメーカーです。品質もかなり良いです。

静音用の工具も出してくれています。

Amazon.co.jp: 協進エル プロ菱目パンチ 4本目 4mm巾 1150191 50191: ホビー
Amazon.co.jp: 協進エル プロ菱目パンチ 4本目 4mm巾 1150191 50191: ホビー

ネットの他の品に比べて少し高いですが、品質が良いのでオススメです!

抜けない時はどうする?

レザーを分厚く重ねた時、菱目うちが抜けないことはありませんか?

ハンマーで叩きすぎて奥まで刺さってしまうとそうなります。

そんな時の解決策についても紹介します。

側面を磨く

菱目打ちの針側面をやすりで磨きます。

ツルツルにするのです。

そうすることで抜けやすくなります。

ロウをつける

菱目うちにロウをつけます。

あまりつけすぎると縫い穴にロウが詰まってしまうので、少量つけます。

少しですが抜けやすくなります。

まとめ

● 菱目打ちには数種類ある
● オススメは協進エル製
● 抜けない場合は磨くかロウを

この記事では菱目打ちについて紹介してきました。

レザークラフトでは絶対必要な工具です。

是非菱目打ちのことを理解してレザークラフトに取り組んでください!

Goro

コメント

タイトルとURLをコピーしました