オイルレザーとは何?レザークラフトで使いやすい革

『タンニン鞣しの革がレザークラフトに向いてるのが分かってきたけど』

『ほかにも色々な種類が革にはあるなぁ』

オイルレザーって言うのがあるけど、何がちがうんだろう?

いろんな情報サイトでレザークラフトにはタンニン鞣しの革がいいと書いてありますよね。

私も別の記事でそのように書いてます。

ただ、タンニン鞣しの革にもいろんな種類があります

オイル、プエブロ、ブライドル、アラスカ・・・

この記事ではその中でもオイルレザーについて説明します。

目次

オイルレザーとは

オイルレザーはタンニン鞣し革の1種です。

通常のタンニン鞣し作業に加えて、オイルを革に染み込ませる方法で鞣された革になります。

ある意味その名前の通りです。

特徴

オイルレザーには次の特徴があります。

  • しっとりとした触り心地
  • ツヤやかな光沢
  • 水分に強く耐久性が高い
  • 経年変化がある
  • ヌメ革と比べると高い

オイルレザーはオイルを含んでいるため、ヌメ革に比べてしっとりとした触り心地です。

オイルによる光沢感があるため上品な仕上がりとなっています。

また、水分に強く多少の水であれば弾きます。

なのでメンテナンス性も高く、革製品には幅広く使用されています。

タンニン鞣しのため経年変化もあります。

オイルを含んでいる分、ツヤと光沢感のある経年変化が楽しめるのが最大の特徴です。

時間とともに自分だけのレザーとなります。

タンニン鞣しに加えてオイルを染み込ませる製法であるため、ヌメ革と比較すると価格が上がります。

レザークラフトでは使える?

もちろん使えます。

財布、バッグ、名刺入れ、キーケースと何にでも使えます!

オイルレザーは程よい硬さと柔らかさのため、作品づくりもやりやすいです!

レザークラフトにはとても向いている革の種類になります

素材の購入はいろんな革屋さんで可能です。

私は楽天のレザーマートさんが見やすくておすすめしています。。

レザーマート楽天市場店

オイルレザーを使用しているプロの製品

オイルレザーはプロのショップももちろん使用しています。

どのような製品があるのかご紹介します。

HUKURO

https://a.r10.to/hko5Rt

日本製にこだわったレザー製品で機能性やデザインを追求されています。

非常に品質が高く、おしゃれなアイテムがあります。

シンプルでお洒落な一品ですね。

コルボ

https://a.r10.to/h6jDHb

シンプルで長く使える一品ですね。

長く使うほど革の経年変化で表情が変わっていきます。

仕事の相棒と呼ぶにふさわしい製品ではないでしょうか?

まとめ

● オイルレザーはタンニン鞣しの革の1種
● レザークラフトにとても向いている革

革にはいろんな種類があります。

オイルレザーはヌメ革に次ぐとてもメジャーな革です。

革の醍醐味である経年変化も楽しめる革です。

レザークラフトにも是非取り入れてください。

Goro

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはどうぞお気軽に!
目次